エリアマネージャーのやりがいについて

エリアマネージャーTOP >> 基礎 >> エリアマネージャーのやりがいについて

エリアマネージャーのやりがいについて

エリアマネージャーの仕事にはたくさんの業務が含まれます。一人の薬剤師として店舗に立ち、患者さんに対応することは少なくなりますが、その代わりたくさんのやりがいを感じられる仕事を行うことができるようになります。

エリアマネージャーの重要な仕事の一つとして、自分が受け持っている店舗の販売状況をチェックして、それを改善していくというものがあります。本部からの指示や具体的なマニュアルも存在しますが、どのようにして改善していくかは、エリアマネージャーの判断によるところも大きいので、自分でいろいろと考えて改善点を示すことができます。店長と話し合い、どのような販売手法を取っていくかを詰めていき、それが成功して業績がアップしていくと、頑張ったかいがあったと報われる思いをすることができるでしょう。

また、調剤薬局にしてもドラッグストアにしても、季節ごとに商品の入れ替えやセール商品というものが存在します。本社でメインとなる商品のリストやその販売手法などが決定されますし、エリアによって異なる事情がありますが、エリアマネージャーが決めるポイントもたくさんあります。自分のセンスとアイディアを活かして、いろいろなイベントを行うことができますので、楽しみながら仕事を行えるでしょう。いろいろな工夫が直接売り上げに貢献しますので、うまくその工夫が当たったときはうれしいひと時となるでしょう。

さらに、エリアマネージャーの重要な仕事として、社員教育というものもあります。新入社員を教育することもありますが、むしろ店長教育など、ある程度経験を積んだ人を研修する機会が多くなります。自分が今まで身に着けてきたスキルや経験から、次世代の薬剤師を育てていくことができます。自分が教育した人たちが育っていき、しっかりとした仕事を行っていくのを見られるのは、とてもやりがいを感じられることでしょう。また、研修を行った人との交流も深いものとなりますので、良い人間関係を作っていく助けともなります。

エリアマネージャーは、本部と直接コンタクトを取り、販売手法についての相談や営業状況の報告などを行います。経営の一端に携わっているという実感を持つことができますので、強い責任感や達成感を味わうことができるでしょう。エリアマネージャーとなることで、将来の幹部候補として働くこともできますので、将来への希望を持つこともできます。こうしたこともモチベーションを高く保って働ける要因となります。


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師のエリアマネージャー募集サイト All Rights Reserved.