エリアマネージャーの仕事内容

エリアマネージャーTOP >> 基礎 >> エリアマネージャーの仕事内容

エリアマネージャーの仕事内容

エリアマネージャーの仕事内容は、一般的な薬剤師のように調剤や接客対応、OTC業務などを行うこともあります。一方で管理薬剤師や薬局長、および企業側と薬局またはドラッグストア店舗の経営・運営に関するミーティングや指示・サポートなどを行なったり、病院や製薬会社とのミーティング、情報共有、勉強会などへの参加といった対応を行なったりすることもまた、エリアマネージャーの仕事となります。

エリアマネージャーの仕事として重要なのが、経営者側の立場から各売り場、店舗の業務実績を見て、どこに問題があるのか、それを解決するためには何が必要なのかを売り場積金社や店長、管理薬剤師たちとミーティングし、その原因を突き止め、解決のための戦略を打ちたて行動を起こしていくことです。すなわち薬剤師としてのスキルだけではなく、経営者としてのビジネススキル、ビジョンが非常に重要となります。

エリアマネージャーは他にも病院や患者と薬剤師、薬局、ドラッグストアとの関係性の向上を目指した勉強会やセミナーを実施したり、または病院などで行われる新薬に関する勉強会などに参加したり、幅広く医療現場の向上、および薬局が果たすことのできる役割の向上を目指した努力を行なっていかなければなりません。そのため常に動き回る必要性があり、バイタリティを求められる仕事ともいえます。

このようにエリアマネージャーの仕事は多岐にわたり、その果たすべき役割、責任も重いものになりますが、その分やりがいがあり、また給与や待遇などもそれに見合ったものとなる場合が多くなります。仕事は大変ですが、薬剤師としてキャリアを積んでいきたい方にはぜひ目指すべき目標の1つであり、この役職をクリアすることでさらなるキャリアアップを目指すことができます。

これからエリアマネージャー職を希望する方は、転職支援サイトなどを利用して、より詳細に、幅広く情報を集めていくとよいでしょう。転職を考慮していない場合でも、転職支援サイトに掲載されている情報を活用して、自分のこれからのキャリアを考えてみるとよいでしょう。もちろん転職によってエリアマネージャー職を志望する場合、転職支援サイトにある様々な求人案件を参考に、転職活動を行なっていくとよいでしょう。特に非公開案件を多く取り扱っている支援サイトであれば、きっと自分の希望する条件に近い案件を見つけることができるでしょう。また専属コンサルタントが転職に必要なサポートを行なってくれますので、効率よく転職することができます。


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師のエリアマネージャー募集サイト All Rights Reserved.