エリアマネージャーからさらに出世を目指すには

エリアマネージャーTOP >> 基礎 >> エリアマネージャーからさらに出世を目指すには

エリアマネージャーからさらに出世を目指すには

エリアマネージャーという役職に就くということは、企業の幹部候補として見られていることの証でもあります。一店舗の店長という立場は、管理職ではありますが、あくまで小さい範囲での業務を任されているに過ぎません。一方で、エリアマネージャーとなると広範囲に亘る地域を見ることになりますし、その業務も総合的なものとなります。また、本部とのやりとりも多くなりますので、出世するために重要なステップとなります。

エリアマネージャーからさらに出世することによって、より経営に直接的に携われるようになります。会社組織によってだいぶ異なりますが、エリアマネージャーとしてしっかりとした実績を残すことで、本社勤務となって特定の部門で手腕を発揮する機会を与えられることが多くなります。さらに上を目指すためには、やはり本社勤務を行い、その実力を見せることが重要になりますので、一つの重要なステップとなるでしょう。

エリアマネージャーの上にどのような役職が設けられているにしても、現在行っているエリアマネージャーとしての仕事を全うすることが、出世するために欠かせません。本部からも厳しく営業状況についてのチェックが入り、月ごと、半期ごと、年ごとの分析がなされます。その営業状況によって、シビアにエリアマネージャーとしての資質と能力が見られることになります。そのため、自分でも常に担当している店舗の売り上げ状況がどのような動きを見せているかを把握して、必要な改善を促すようにすることが肝心です。

また、販売手法やイベント内容などにも工夫を凝らして、新しいアイディアを作り上げることも重要です。幹部として働いていくためには、単に今まで行われてきたやり方に倣うだけでなく、新しいアイディアを創出していくことも求められるのです。ここで良い結果を出すことができれば、会社にも良い印象を与えることができるでしょう。一つ一つのイベントやセールで、努力を怠ることなく真摯に取り組んでいくことが重要だと言えるでしょう。

人の上に立つためには、部下をどのように管理して育てていくかということも重要な要素となります。そのため、エリアマネージャーとして、若手の社員をいかに教育していくかというのも、しっかりと評価の対象となります。人によって教育に必要なことは異なりますので、じっくりと人それぞれの資質を見極めて、適切な指導を与えられるように努力しましょう。こうした努力は結果となって返ってくるはずです。


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師のエリアマネージャー募集サイト All Rights Reserved.