薬剤師のエリアマネージャーが果たすべき役割

エリアマネージャーTOP >> 基礎 >> 薬剤師のエリアマネージャーが果たすべき役割

薬剤師のエリアマネージャーが果たすべき役割

ある程度経験を積んだ薬剤師は、エリアマネージャーとして活躍するチャンスが開かれてきます。エリアマネージャーは、調剤薬局やドラッグストアの一店舗で仕事をするのではなく、地域一帯の店舗を統括する仕事を行います。そのため、医薬品の販売や調剤、相談業務というよりは、管理職としての役割が大きくなってきます。

企業によってどの程度の広さでエリア分けがなされているかは異なりますが、何十にも及ぶ店舗を統括することもありますので、エリアマネージャーはたくさんの業務量があります。受け持っているすべての店舗の営業状況を分析して、どんな点を改善する必要があるかをチェックすることから始まり、季節ごとのイベント商品を選定したり、それをどのようにプロモーションしたりするかを決めていきます。こうした販売と経営に関する総合的なスキルが必要になってくるのです。

そして、社員教育や店長教育などの役割も果たすようになります。自分が上手に販売を行ったり店舗運営をしたりできるだけでなく、それを分かりやすく他の人に教えることが求められます。今までとはかなり異なるタイプの仕事も出てきますので、新たに勉強することも多いでしょう。本部との連絡や会議も格段に増えますので、時間を上手に調整して、自分の業務を効率的に行っていくことが求められます。

このように、エリアマネージャーは、薬剤師本来の仕事というよりも、管理的な業務が大半を占めます。もちろん、医薬品に関する最新の知識についていく必要も業務上出てきますので、勉強量はかなりのものになるでしょう。大変さもありますが、その分やりがいを感じられますので、楽しみながら仕事ができるでしょう。自分が担当しているエリアの業績が好調だと、自分の努力が実になっているということを実感できますので、達成感を覚えられます。

また、管理職に就くということで、役職手当が付いたり昇給が実施されたりと、雇用条件でのメリットもあります。たいていの場合は、エリアマネージャーになると、管理職なので残業代が付かなくなりますが、その分自分のペースで仕事を進められるようになります。効率よく業務を行っていけば、メリハリのきいた仕事ができますので、家庭と両立するのも難しくないでしょう。たくさんの責任を任されるようになりますが、その分充実して仕事を続けていけるのが大きなメリットと言えるでしょう。エリアマネージャーを目指して頑張っていくと良いでしょう。


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師のエリアマネージャー募集サイト All Rights Reserved.