調剤薬局のエリアマネージャー求人

エリアマネージャーTOP >> 基礎 >> 調剤薬局のエリアマネージャー求人

調剤薬局のエリアマネージャー求人

調剤薬局のエリアマネージャーは、調剤業務や接客対応、さらには各担当エリアにおける薬局の問題点や今後の改善プランなどを店長とともに考えたり、実行したり、または本部と各店舗との架け橋となって仕事を行うことが求められます。そのため全体的な視野をもって仕事に取り組むことのできる人材が求められ、かつ調剤薬局もまた1つの企業として利益の拡大を求めているので、それをともに実現できる人材の採用をすすめています。調剤薬局のエリアマネージャーを目指す場合は、その点を考慮して転職活動を進めなければなりません。

調剤薬局のエリアマネージャーの仕事は多忙を極めますが、その分やりがいにあふれ、なにより今後自分で開業を考えている方にとっては必ず経験したい役職であるといえます。もちろん開業を考えていない方でも、その企業内でさらなるステップアップを図りたい方の場合、エリアマネージャー職を経験することが必須となり、そこで培われた能力や実績、スキルによってよりマクロな視点で経営に携わっていくことになります。

調剤薬局ではいかに病院からの処方箋の取り扱いを増やすのか、いかに患者の利用数を増やすのか、どのように地域医療に貢献するのか、などの命題を抱えながら、利益向上を目指して仕事を行なっていかなければなりません。1つの店舗においては薬局長がその状況を常に監視し、健全に売上を向上するための努力を行います。エリアマネージャーはその薬局長の仕事をサポートしつつ、かつ担当エリア全体で利益向上を目指していくことになります。そのためそのエリア内で抱える問題点や構造的に変革すべきポイントなどを見つけ、そのための戦略を実現していなければなりません。そのため同時に薬局長と協力して問題解決に臨み、かつ企業側へそれを反映させていく必要があります。エリアマネージャーを目指す際、それらを理解した上で、かつ薬剤師としての普段業務である調剤などを行なって行かなければならないので、その点をしっかり認識しておく必要があります。

調剤薬局のエリアマネージャーを希望する場合、まずは企業内でしっかりアピールしていきましょう。自分が今後エリアマネージャーとして、さらにはゼネラルマネジャーや役職者として活躍していくことを望んでいること、またそのためにどのような取り組み、戦略を行なっていくのか、またこれまでどのような成果をあげてきたのか、などをプレゼンできて、はじめてエリアマネージャーとしての活躍できるようになります。


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師のエリアマネージャー募集サイト All Rights Reserved.