エリアマネージャーは女性が多い?男性が多い?

エリアマネージャーTOP >> 基礎 >> エリアマネージャーは女性が多い?男性が多い?

エリアマネージャーは女性が多い?男性が多い?

エリアマネージャーは、調剤薬局やドラッグストアチェーンの組織の中で、管理職として働くという立場にあります。そのため、重要な仕事を任されていますし、実績を上げることが求められます。一般的にこうした管理職は、圧倒的に女性より男性の方が多い傾向にあります。しかし、薬剤師の業界では、女性の割合が他の業界よりも高いという状況が見られます。

もちろん、エリアマネージャー全体の中では、男性の方が多いのですが、他の業界よりは格段に女性のエリアマネージャーが多いのです。これにはやはり、薬剤師自体が女性の割合が多い職業だということが関係しているでしょう。調剤薬局にしてもドラッグストアにしても、店舗で仕事をしている人は女性の数が多いですし、長年の経験を持つエキスパートも女性が多く見られます。必然的に、複数の店舗を統括するエリアマネージャーも女性が多くなっていくのです。

とはいえ、エリアマネージャーの業務はとても多く、毎日が忙しい日々となります。そのため、結婚や出産などの家庭の事情によって、柔軟に仕事の予定を変更しなければならない状況にいるのであれば、この仕事を行うのは簡単ではありません。そのため、家庭とうまく両立しながらエリアマネージャーを続けたいと考える女性薬剤師は、働く女性を応援する姿勢が強い企業を選ぶことが肝心です。

大手の調剤薬局やドラッグストアのチェーンでは、スキルを持った女性がずっと働き続けられるように、管理職であっても長期休暇を取りやすい制度を設けていたり、子育て支援を行ったりしています。こうした取り組みをしている企業では、当然女性のエリアマネージャーの割合が多く、いろいろなところで活躍しています。それぞれの店舗で働いている薬剤師は女性が多いですし、お客さんの割合も女性が多いため、女性がエリアマネージャーとして働くことにはいろいろなメリットがあるのです。きめ細かなサービスを提供できるようになりますので、企業側としても積極的に女性を登用するというところもあります。

このように、全体としては男性の数の方が多い状況ですが、他の業界に比べるとかなり女性エリアマネージャーの割合が多いという傾向が見られます。こうした状況をサポートするために、企業もいろいろな取り組みをしています。エリアマネージャーとして働くという目標を持って、仕事を頑張ることもできる業界ですので、性別に関係なく自分のスキルと能力を十分に発揮できるようにしましょう。


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師のエリアマネージャー募集サイト All Rights Reserved.