エリアマネージャーと薬局長の違い

エリアマネージャーTOP >> 基礎 >> エリアマネージャーと薬局長の違い

エリアマネージャーと薬局長の違い

薬局長とは調剤薬局などにおいて、その店舗を任される立場にある役職となり、管理薬剤師からキャリアアップすることでなることのできる役職となります。一方エリアマネージャーはさらにその上の存在になり、担当エリア内の様々な薬局を総合的に管轄する立場にある役職のため、薬局長からキャリアアップすることでなることのできる役職となります。この上にはさらに統括マネージャー(ゼネラルマネージャー)、役員職があります。

薬局長は主にその店舗内のスタッフ管理や薬局経営について考えなければならず、一方エリアマネージャーはその薬局長をサポートする立場にある存在となります。どちらも重要なポジションですが、1つの店舗の管理、経営について見る薬局長とは異なり、エリアマネージャーは複数の店舗の経営状況、人材管理、商品管理、営業戦略などについて見ていかなければなりません。そのため常に複数の薬局著と連携をとり、かつ企業側の意向を薬局長に伝えていく役割があります。

これからキャリアアップを目指す薬剤師の方は、まずは管理薬剤師を目指し、そのための認定薬剤師制度の試験を受けたり、または企業内で様々な取り組みを実現したりすることが重要です。その後薬局長になり、1つの店舗内の営業利益の向上や利用する患者への対応の向上、地域医療への貢献度合いの向上などを行なっていくようにしましょう。そこでの実績を認められて、また企業によっては実施している役職者試験をクリアすることでエリアマネージャーとなることができます。そのためには常に現場と企業、経営と利便性の両立、患者や地域に対する貢献を忘れずに、業務に取り組んでいくことが重要です。

薬局長もエリアマネージャーもともに薬剤師としての仕事だけではなく、経営者としての仕事も行なっていかなければならないので、ビジネスマインドが必要なポストであるという点では同じです。今後のキャリア形成においてはこのビジネスマインドが重要になります。マネジメントや成長戦略、経営戦略を意識できる薬剤師の方がエリアマネージャーにふさわしいと言えます。

現段階ではエリアマネージャーになることが難しいという方でも、転職を機にエリアマネージャーへとキャリアアップできた例もたくさんあります。その際転職支援サイトを利用することで、より確実なキャリアアップを実現することができるでしょう。転職支援サイトでは様々なエリアマネージャー求人案件を取り扱っており、自分のスキル、キャリアに応じた案件を見つかります。まずは気軽に無料会員登録して見るとよいでしょう。


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師のエリアマネージャー募集サイト All Rights Reserved.