製薬会社のエリアマネージャー求人

エリアマネージャーTOP >> 基礎 >> 製薬会社のエリアマネージャー求人

製薬会社のエリアマネージャー求人

製薬会社のエリアマネージャーの仕事は、基本的にMRなど営業職からのステップアップとして担当することになるケースがほとんどとなっています。研究職などからエリアマネージャーになるケースはあまりなく、そのため薬剤師としての知識やスキルを活かしながらも、病院側などと直接営業・交渉を進めていくことのできる人材がエリアマネージャーとしてその後のキャリアを進んでいくことになります。

一般的に調剤薬局やドラッグストアなどのエリアマネージャーの場合、各店舗の調剤業務やOTC業務、接客業務や病院・医師との折衝などについての統括的な立場からのサポートや指導を行っていくことになりますが、製薬会社のエリアマネージャーの場合は営業面における統括的な立場となり、そのため担当MRなどの営業戦略についての指導・支援を行いつつ、また自分でも各担当病院や新規開拓営業などを行なっていくことがミッションとなります。

製薬会社の場合、薬剤師としてのキャリアよりも、いかに多くの現場で自社の製品を紹介し、その販売実績を向上させることができるか、またそれらによって医療レベルの向上を目指すことができるのか、といった営業戦略を講じることができるかが重要になるため、たとえば調剤実績が未経験であっても役職に応募ができます。もちろん薬剤師としてこれまで様々な経験を積んできた方であればより優位に評価されるため、その点をしっかりアピールすることも忘れてはいけません。特に調剤薬局にて医師や病院側との交渉に長けている場合、それが大きなアピールポイントになりますので、しっかりプレゼンしていきましょう。

また製薬会社では新薬開発の場合、そのモニターや治験業務を外部企業に依頼することもあり、その際の折衝に関してもエリアマネージャーが担当する場合もあります。そのためやはり営業力、交渉力が重要となるので、しっかり身につけていくことが重要です。

今後も製薬会社でのエリアマネージャー職の求人は多く取り扱われる傾向にあるものと予想されます。特に転職支援サイトでは、より良い求人案件を非公開案件として取り扱っています。そのため今後良い条件、希望する待遇にてエリアマネージャーの職に就きたい場合、転職支援サイトを有効的に活用することが重要となります。また専属コンサルタントが転職のためのサポートを親身に行ってくれますので、疑問点、不安点なども解消することができます。


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師のエリアマネージャー募集サイト All Rights Reserved.