エリアマネージャーとしてキャリアアップを図ろう

エリアマネージャーTOP >> 基礎 >> エリアマネージャーとしてキャリアアップを図ろう

エリアマネージャーとしてキャリアアップを図ろう

エリアマネージャーは薬剤師としてキャリアアップをはかる上で1つの目標となります。まずは管理薬剤師になり、その後薬局長または店長を目指しつつ、さらに統括エリアのマネジメントおよび経営戦略を打ち立てていくことがエリアマネージャーの使命であり、薬剤師として目指すべきキャリアパスとなります。その後さらにゼネラルマネジャーや幹部役職などを目指すことになりますが、そのためにはエリアマネージャーを通過する必要があるため、まずはエリアマネージャーを目指しましょう。

一人の薬剤師として仕事をしていく上で、さらなるキャリアを積んでいきたいと考えた場合、まずは管理薬剤師を目指す方が多いことでしょう。そこで薬剤師として調剤業務やOTC業務以外にDI業務や品質管理業務、健康促進業務などを担うことになります。さらには経営者としてのビジョンもそこから培われていき、当該店舗が抱える問題点や改善すべき構造的な問題などが見えてくるでしょう。そこでどのような戦略を立て、実行することでその問題が解決できるのか意見提示し、実現のために取り組んでいくことができるようになります。

エリアマネージャーの仕事はそれを統括的な立場から、各担当エリアの店舗とともに行なっていく仕事となります。企業側の意向を反映しつつ、現場である薬局や店舗でどのような取り組みが可能であるのか、実際にどの程度の成果を上げることができるのかを考える仕事となり、そのため薬剤師としてのキャリアアップを考えた際必ずこのポジションを経験する必要があると考えられます。もちろん年収や待遇などの面でも一般的な薬剤師よりも高い立場にあるため、キャリア形成では重要なポストとなります。

エリアマネージャーを経験してその後自分で薬局を開設する方もおり、そこでの経験が後々の経営者としての実務に大きく影響してくることでしょう。実際薬局を開設する方の多くがMRやエリアマネージャー経験者であり、いかに営業努力と経営者としてのビジョンを持っていることが重要であるか、がわかるでしょう。

エリアマネージャーとしてキャリアアップを図りたい方は、転職支援サイトを活用するのも大切です。転職支援サイトでは様々なエリアマネージャー求人の案件を取り扱っており、またよりより求人案件は非公開案件として取り扱っているので、無料会員登録してそれらの情報を集めると、きっと自分の望むキャリアアップを実現することができるでしょう。


Copyright (C) 2014-2017 薬剤師のエリアマネージャー募集サイト All Rights Reserved.